東野圭吾作品であなたが好きなのは?

引用
好きな東野圭吾の小説ランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=858566&media_id=45

1.探偵ガリレオ
2.流星の絆
3.容疑者Xの献身
4.白夜行
5.手紙
__________________________

というランキングをミクシイニュースでやっていました。
ガリレオや流星の~は、テレビでやっていましたよね。
福山さんや二宮くんなど はまり役で、かなり面白かったです。
白夜行や手紙は 小説で読みましたが、心理描写・人間洞察が圧倒的でしたね。「白夜行」での一見洗練された女性の裏に隠された冷酷な内面・・・彼女が悪女かもしれないとどこかで感じていながらも その魅力にみせられ翻弄されていく男たち。「手紙」での兄が弟の学費を工面するためにおこしてしまった犯罪のせいで 差別をうけもがき苦悩する弟。

私の中での一番は なんといっても「秘密」です。
タイトルに隠された本当の秘密に気づいた時には 涙が出ました。
事故で生き残った娘の内面は妻だったという驚愕の事実。
娘の外見と妻の性格という まるで一部ずつ生き残ったように、
一方 どちらも失ってしまったかのような どちからでありどちらかでもないような状態。
娘の体に中に在る妻は、娘がきっと望んだように生きるべきなのか 愛する夫の妻としての自分はどうすべきなのか 苦悩しつつも、まるで甦った青春を純粋に二度目の人生として楽しもうともする。
夫は、妻と心を通わせても 目の前には娘の姿、しかも 頭脳や体は若いので 精神性や感受性などもおのずと若返ってきており 同世代のはずが同世代でない 自分だけが取り残されていくような孤独感に苦悩する。
互いに相手を思いやるからこその結末。
夫婦のあり方、自己を抑えてまで守ろうとした大切なもの、
自己犠牲・自己献身とは何かを考えさせられるとても深い作品です。
[PR]

by inner-vision916 | 2009-06-06 10:30 | 絵本と小説