愛情の浸透力はとめどなく~「50回目のファーストキス」

e0075252_211402.jpgドリュー・バリモアがとっても愛らしい「50回目のファーストキス」をTSUTAYAさんで借りてきました。
そもそも彼氏に勧められた時は ”50回目のプロポーズ”とタイトルを覚えてた私、それをビデオ屋さんで 「”80回目のプロポーズ”ありますか?」って聞いて「ございません。」って言われちゃって。
今度は自分で探そうと、えとお、30回目のだっけ?って裏覚えもひどいとこで 見つからず。
で、タイトルも若干違っていたことが判明、なんとラブコメデイーのコーナーの”お薦め!”に鎮座されてました。(^^)
この不思議なタイトル 興味をそそられますよね?
50回もファーストキスって《なんてロマンチックなの。》って一瞬思いましたが、《どうして毎回ファーストキスなの?》って謎に気づきました。

「マハロー♪!」朝食を摂りにカフェに入ったプレイボーイ男のロスの目を奪ったのは パンケーキでハウスを楽しそうに組み立てるスージーの笑顔。うまく声をかけて 意気投合、「また明日ね!」と約束する二人。「やったあ!いい出会いかも♪!」と車をはさんで小躍りする彼らの様子はとっても無邪気、ときめく恋の始まりを予感させる。
でも、あくる日になると 彼女の目の前に立つ彼は 初めて会う人なのだ。

事故による短期記憶障害で、夜寝るとその日の新しい記憶が飛び 毎日同じ日がやってくる女性スージー。彼女の父と弟は 彼女のために毎日その日を演出する。彼女を混乱から守るために。
事情を知っても彼女と仲良くなりたくて 毎朝あらゆる手段で彼女をくどくロス。同じその日の朝の彼女と接していても、失敗することもあれば上手く相席できることも。
朝が来れば消えてしまう前日の記憶、彼女にとって 新しい記憶は何度積んでも海辺の砂山のようにくずれ去ってしまうのです。

ガレージの白い壁には 毎朝彼女が絵を描き、夜中に彼女が寝てる間に家族が真っ白に塗り直します。
またあくる日、彼女はそこに初めて描くように絵を描くのだ。
ハイビスカスの絵は それでも毎回違う表情を見せる。いつくしむようにその絵をカメラに収める父親。

ロスは溢れんばかりの愛情で 毎日彼女に彼を惚れさせる。
鮮やかに咲く恋の花も一晩立てば消えてしまう記憶の扉は はかなくて切ない。その記憶の喪失を埋めるべくロスが取った作戦はいったい!?

家族や彼の大きな愛情は 彼女に何度も降り注がれ、彼女は繰り返す記憶の狭間にたくさんの思い出をつぎこんでいくのだ。


涙がこぼれてやまない ハートを揺さぶる作品です!
O(^^)O 
[PR]

by inner-vision916 | 2009-06-18 21:14 | 映画&ドラマ