又兵衛桜

はるばる奈良県まで 彼氏とそのワンちゃんアトムと又兵桜を観にいきました。

”戦国末期の名将 後藤又兵衛の屋敷に生えてたいたことから 又兵衛桜と名づけられた。樹齢約300年といわれている名木である。
2000年のNHK大河ドラマ「葵3代」のオープニングタイトルに使われていた。それ以前から永遠のカメラ小僧たちには有名だったが、 
テレビの影響で一気に全国区になった。
今では、大宇陀区にとって 唯一最大のイベントになっている。
何しろ この1本の木で町中がお祭り騒ぎ、田舎の村に新たな活力を生み出しているのだ。
昔15日働いてめしを食うといわれた相撲とり、今 2週間の開花時期でめしを食う村人たち。本気でそんな風に思ってしまう異様なフィーバーぶりであった。”
by 雑学王

たそがれた風情を感じる又兵衛桜を中心に そっと寄り添う侍女たちのように桃の木が 紅く染まり彩りを添えている。
足下を流れるせせらぎ、高く広がる青く澄んだ空、朴訥とした空気、・・・田舎の穏やかな風景が優しく迎えいれてくれるような 
心穏やかで爽やかな感覚が 春の息吹と共に心と身体を満たすのであった。



e0075252_17352988.jpg
e0075252_17365131.jpg
e0075252_1737395.jpg

[PR]

by inner-vision916 | 2008-04-17 17:37