創作喚起計画

以前は というかだいぶ前のことだけど、絵や詩をかくことは ストレスの解消になったし 自由に心が遊べる場だった。
それこそ入退院していた頃は、毎日何か絵を書いたり詩を作ったりしていた。
いつのまにかそれが 音楽で触発された時やいい絵に触れた時、描きたい・放ちたい衝動にかられた時だけ創作するようになり…。
最近でも感動の瞬間はいっぱいあるんだけど そして描いてみる!?って感じでやってみるんだけど いまいち心に浮かんでいるものを掴みきれなくて…、で結局持続姓が保てなくて。
「継続は力なり」って言葉が好きで 結構実践してたのに。

彼氏じゃないけど、書かなきゃ描かなきゃと無理矢理やってもそこには熱いものをこめられるわけもなく、だったら "普段聞かない音楽を聞いてみたり 中也さんみたいに散歩したりモネみたいにずっと一つのものに集中してみたり、人間観察したり、人との会話で刺激を受けたり、何かしら こうしたら創作モードにスウィッチが入るものを見つける"のもいいかもしれない。
それを日々の習慣として組みこめば 創作も形となって生みだされる…希望的観測。
自然と生まれるにこしたことはないけれど、何かを生み出す風車をきちんと回すのは 大事なことですよね。
[PR]

by inner-vision916 | 2009-03-09 09:03