人気ブログランキング |

カテゴリ:哲学( 28 )

Lincolnの言葉 


http://www.brainyquote.com/quotes/quotes/a/abrahamlin137179.html#SSj7LIYsxOA7B9Ay.01

" I'm a slow walker. But, I never look back." Abraham Lincoln.


”歩みは のろくとも 我 後ろを振り向かずーA .L incoln ”
考慮を積んだ上での歩みには、過去をも振り向くまい との決意を感じます。

by inner-vision916 | 2013-03-25 10:44 | 哲学

So I roll on

WOWWOW契約したら、"Grey's Anatomy"のシーズン7が見れて嬉しい!

素敵な言葉に出会いました。
"Lines on your face tell stories of your life."
しわの一つひとつに思い出と ストーリーがある。


生きるって 簡単じゃないし 明るい方を見なきゃやりけれないこともあるけれど、

それ以上に ああありがとー!って心に太陽が宿る大切な時間も もらってる。

生かされてるこの命 色んな音をこれからも 奏でていきたい。


そして、 いつの日か 笑いじわの可愛いおばあちゃんになりたい。

横にはきっと あなた。

縁側で お茶を飲みながら 語り合いたい。

by inner-vision916 | 2012-01-30 21:43 | 哲学

発想の転換ーSHIFTー

スタンフォード大学の先生が講義(テレビで)で言っていたように、マイナスなイメージは プラスの発想を生み出すヒントになるから 逆にすごいのかも。
物事は すべて both waysでできているから、良いフェーズにシフトすれば すべてよし!だね☆。

by inner-vision916 | 2012-01-25 21:33 | 哲学

不安ぐせが治る方法

人間は考える生き物。

しかし、考えすぎると その思考に雁字搦めになってしまうこともある。

「その考えをくるっと丸めて 葉っぱに乗せて小川に流す。

心を苛む色んな不安も さっさと丸めて どんどん葉っぱにのせて 流していく。

考えたはらから葉っぱに乗せれば、そのうちに流すものはなくなるのです。」

と、ある先生。Marvelous☆!

by inner-vision916 | 2012-01-25 21:28 | 哲学

ブレンドンくんのフード・ドライブ

先日 たけしのアンビリーバボーを見ていて、ブレンドン君のことを知りました。

ブレンドン君は お魚図鑑が大好きな男の子でした。
ところが、11歳の時に白血病を発症してしまい、免疫力が弱く 骨髄移植も受けられない状態でした。

日々命を削りながら病気と闘う彼に 何か出来ることをしてあげたくて、彼の母親は、『ウィッシュ・リストを作ってみない!?』と彼に呼びかけます。

『おねいちゃんやママと海へ行きたい』、『お魚を釣ってみたい』、『ステーキを食べたい』、e.t.c.と少年らしい夢の一つひとつが 叶えられていきます。

そして最後の7つ目のブレンドン君の願いを読んで、母親は 驚きます。
そこには 『ホームレスのみんなに 食べ物をあげたい。』と書いてありました。

ブレンドン君自身が 過酷な状態にあるというのに、彼は他人のことを思いやっているのです。

母親はなんとか彼の気持ちに応えてあげたくて、ボランティアの知り合いに相談します。不況ということもあって、みんな自分のことで精一杯で、最初は賛同してくれる人は僅かでした。

地元のテレビ局の記者も初めは記事のために取材をしたのですが、ブレンドン君と話すうちに 己を恥じ、大切なことに気づかされ『自分が今すべきこと』を知るのです。

そうやって少しずつ 《ホームレスへのフードドライブの輪》は全米に広がっていき、 ホームレスは ブレンドン君の思いに触れ また立ち上がる勇気をもらうのです。

一人の少年の大海のような豊かな思いやりが、人々に影響を与え 浸透していくさま、人と人とが繋がる尊さに改めて気づきました。
ブレンドン君は 天国に旅立ちましたが、その精神がこれからも 人々の心を通して 息づいていくことを 願わずにはいられません。

by inner-vision916 | 2011-09-24 21:21 | 哲学

尾木先生

先日の金スマでは 教育評論家の尾木先生が フィーチャーされていました。

引きこもりの調査を全国で初めてなさったり 教育関係の本を多数出され 
その教育方針が高く評価されている先生です。
「ホンマでっか!?TV」などでの おねえ言葉や柔和な笑顔に なんだか癒されています。

あの特徴的なおねえ言葉により "尾木ママ"の愛称で知られている先生ですが、
教育に対する情熱の結果そうなったということを知り 驚きました。

尾木先生は元々教師だったそうで 生徒とのコミュニケーションを大事にしていました。
金八先生で有名な「交換ノート」は 実は尾木先生が最初に始めたこと。

最初は なかなか書いてこなかったノートも 生徒達が次第に心を開き 気持ちをぶつけてくるようになったそうです。

特に女子生徒達は 恋愛の悩みなど赤裸々に綴り、先生は その子がたくさん書いてきたら それと同じくらいのボリュームで言葉を届けたのです。

少しでも気持ちを汲みたい、そして断定的でなく柔らかく言葉を伝えたいと思った先生、
「ねえ、そう思わない?」
「そうなのよ〜。」
「わかるわ〜。」
といった感じに だんだんと話し方や相槌の打ち方が おねえ言葉っぽい響きになっていったそうです。

思わず可愛いいと思ってしまう尾木先生のあの雰囲気や話し方は 先生の熱意の賜物、素晴らしいと思いました。

by inner-vision916 | 2011-04-12 09:18 | 哲学

パートナーに上手く言いたいことを伝える

最近 NHKの番組「あさイチ」がお気に入りです。
特に月曜日のテーマは「キラキラ40」、コミュニケーションの上手なとりかた、相手に伝わる言い方など なるほどと納得したりしています。

先日は 「結婚して子どもが出来てから夫婦間のコミュニケーションがぎこちなく」といったものにフォーカスしてました。
何か一言言いたい時は、
「今ちょっといい?」と相手に話していいタイミングを見てから。
相手に対して不満だったり批判的なことを言うときは、2つ3つ誉めた上で言うようにする。
パートナーが自分にしてくれていることに いつもありがとう!という気持ちで接して、マッサージをしあったりしてお互いのことをいたわる。
などなど色々。

こういうのって恋人間でも大事なことですよね。

私がパートナーに対して
意識を持っていることがあります。
彼のことを『いつもそばにいてくれる』家族のような存在で まるで自分の一部のように感じています。
それは当たり前のような感覚になりがちなのだけど
これって当たり前のようで当たり前じゃない、
『とっても素敵でありがたいことなんだ』って常に思ってます。
だから、彼の優しさには
馴れ合いになることなく
『きゅん』とハートが温かくなって 「ありがとう!」ってよく言います。
やっぱり思いは言葉でもたくさん伝えたいから。

番組でこんなことも言っていました。
亭主関白協会によると、
疲れている時でもパートナーが「ねえ聞いてよ。」といった感じで話しかけてくる時の相槌の打ち方。
「そうだね。」
「分かるよ。」
「その通り。」
肯定的な響きがありますよね。
女はまず 自分の気持ちに寄り添って欲しいのです。それは男性もきっとそうですよね。

今週も笑顔で頑張りませう☆!

by inner-vision916 | 2011-01-31 15:13 | 哲学

伊達公子さんのパートナーって素晴らしい!

新たな年が明けて 書き初めならぬ 今年初記事です。
本年もよろしくお願いします。m(__)m
2011年は、穏やかでいい年になりますように☆!

テレビで 伊達公子さんの特集をやっていたのですが、パートナーの存在や価値観が
いかに彼女に良い影響を与えてるか 感銘を受けました。

例えば、完璧主義な彼女が どんなに予定がタイトでも 食後の食器を洗って拭かずにはいられないのを見て ご主人のマイクさんが彼女に言った言葉。
「公子、お皿を今洗おうと洗うまいと たいして大きなことじゃないよ。(It's no big deal!)
僕が洗っておいてあげるから。」
洗いたくて仕方がない気持ちを理解した上での この思いやりに 伊達さんはきっと優しい気持ちになれたことでしょう。
彼女の言うように 誰かを愛することは 相手をありのまま受けとめて
自然と思い遣れることでもあります。

テニスを引退後 伊達さんは今まで出来なかった普通の生活を楽しむようになります。
お料理やマラソン、陶芸などを積極的に。

結婚してからしばらくして、彼との子供を望んだ彼女にとって大きな試練が。
スポーツでは 努力を重ねた分だけ 形として結果に繋げることが出来たのに、
人生には どんなに努力しても 望む結果を与えられないことがあることを彼女は知ります。
ご主人のマイクさんは そんな彼女を自然体で見守ります。

結婚当初から言っていたらしいのですが、テニスへの復帰を勧めたのもマイクさんだそうです。

伊達公子さんがテニスに復帰出来たのは、彼女自身の努力はもちろん、旦那さまの精神的支えも大きかったことを 番組を通して感じて、なんだかあったかい気持ちになりました。

優しくなれる存在がいることは とってもありがたいことですね☆。

by inner-vision916 | 2011-01-10 09:31 | 哲学

薬師寺でお写経

明けましておめでとうございます!
皆様の蒔く種が喜びの実を結ぶ年となりますように
e0075252_1613297.jpg
e0075252_16132295.jpg
e0075252_1613404.jpg


己丑
己 三横線は糸を表し、二縦線は糸を別つ、糸筋を分けることで、乱れを正しておさめる意味。
丑 母のお腹にいた嬰児が体外へ出て、右の手を伸ばした象形文字。
今まで曲がっていたものを伸ばすというところから「始める」「結ぶ」
「掴む」という意味。丑に糸偏をつけると紐。
己丑年は、難問百出の芽を刈りそろえ整理する時。

去年に続いて今年も 薬師寺を参拝し お写経をしてきました。
今年は 安田管主さまの法話も拝聴することが出来ました。
「心が変われば 態度が変わり、態度が変われば行動が変わり、
次に習慣が変わり、人格が変わり、運命が変わり、人生が変わる。」
という言葉が印象的でした。

お写経は 丁子を口にくわえ体内を清め お袈裟を首に下げ、講堂に入り 陶器の香象をまたいで席につきます。
墨汁をすり、筆にしみこませ見本の上に用紙を載せ 般若心経をうつし書きします。
穏やかで静謐な時間がとくとくと流れます。
言葉の意味は 無言で音読しながら文字をしたためると
なんとなく入ってきます。
不思議と己の心の乱れやら迷いやら不安が滲み出てきて、
糸をほぐすように 解かれて溶けていくような感じがしました。
自分の弱さと向き合い そして強さを引き出していだだけているような
感覚、命の鼓動を静かに響かせ 深い時の繋がりを胸に
豊かな時間をいただきました。

*お酒は、「伊根満開」という古代赤米酒です。紅麹の味が 独創的で華やか、美味でした!

皆様 今年もよろしくお願いします。

by inner-vision916 | 2009-01-06 16:14 | 哲学

性格分析


http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

性格分析をやってみました。

__________________________________________
 
INTP型:問題を解決したがる


考えにふけってうわの空の大学教授を絵に描いたようなタイプがINTP型である。
頭の中でじっくり考える(I型)なので、N型の想像力がいろいろな可能性を思いつく。

客観的(T型)なので、その新しいデータを分析し、際限なく融通がきく(P型)ので、どんなデータもさっそく取り入れてしまう。

論文、図面、計画、企画、提案、理論などなんであろうと、こまごました情報を一つにまとめた完成図を作りあげようとするが、たえず新しいデータを発見するので、その完成図がどんどん膨らんでしまう。

その結果、考えや構想や計画がどんなに最終的なものに見えても、土壇場になって「新しいデータ」が手に入ると変えてしまうのである。

これはINTP型にとってはわくわくするほど楽しいが、ほかの人、とくにJ型の性向を持つ人にはフラストレーションになる。

完璧に見えても満足しないので、みずからが最大の批評家となり、あら探しをする。
完璧、有能、優秀であろうとするあまり、それが極端になると、かえって負担になり、うんざりしたり自分を責めたりする。

このタイプは女性の場合に葛藤を生む。

考えにふける大学教授というのは従来、女性のイメージというよりは男性のイメージで、頭だけで理屈をこねる資質は、男性の場合は大目に見られるが、女性の場合あまり受け入れられない。

そこで少なくとも三つの問題が生じる。

第一に、女性は昔から、家庭や家族のこと以外では設計能力があるとは見られてこなかった。
だから、人生を頭で考えた理屈にあわせたいと思うのは、INTP型にとっては当たり前なのだが、従来の女性の役割には真っ向から反する。

第二に、独創的に考えるのも従来の女性の気質とは見られていない。
たとえば、時間を聞かれると、INTP型は時間の哲学的な意味について述べたくなる。
そうした風変わりな面も男性ならば頭がよすぎるせいだと見られるが、女性だと「鈍感」とか、ときには「頭が鈍い」というレッテルをはられてしまう。

第三に、T型の面が、従順、優しい、気配りといった女らしさに反する形で表れる。

INTP型の女性が感情を表にあらわした場合、悪くすると、しばしば極端に表現しすぎて、本人もほかの人もぎょっとしてしまう。


親子関係

INTP型は、親というのは子どもの未熟な頭を伸ばしてやるものだと思っている。

一人ひとりの子どもの違いを辛抱強く受けとめ、子どもには自分の考えをもって生きていけるように育ってほしいと願う。
自分の進むべき道を模索する子どもを驚くほど寛大に支えてやる。

子どもの発達にあまり口をはさまない。
どんな考え方や行動をしたらよいか、いくつか選択できる道を示唆するだけで、けっして押しつけずに、新しい可能性を示してやる。

その助言が受け入れられなかったら、「ちょっといってみただけ」と答えるのがふつうである。

だが、ときには、反抗的だったり無関心に見えるときでさえ、子どもは親が別の考え方を押しつけてくれるのを待っていることもあるのだ。

そういう子どもにとっては、「無理やり」とか「押しつけ」といった言葉とは無縁のINTP型の親を持ったら不運である。

INTP型の子どもは、人とのつきあいで内気と見られるか、逆に、やたらに理屈っぽくつっかかってくるかのどちらかで、その中間は少ない。

学校では、一つのことに集中せず、授業とは関係ないことをあれこれ追求しすぎると見られたり、場違いなときに場違いな質問をすると見られる。
そうした行動は、とくに女の子の場合、人騒がせと取られる。

必然的に、INTP型は学校生活に耐えて生き抜いていくために、誰よりもよく勉強することになる。
________________________________________________________


ははw、私 夢見る理屈家なのかしらん!?(笑。)

by inner-vision916 | 2008-10-29 21:17 | 哲学