人気ブログランキング |

<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花粉症緩和に

e0075252_20264646.jpg

実は、ヒノキの花粉症で、鼻は出るは 咳は出るはで、ハスキーウ゛ォイス突入中であります。笑!
画像は、お気に入りの癒しの素。
そんな時にも喉がすっきりするクリスタルガイザー(スパークリングミネラルウォーター)のライムflavorと、喉のイガイガをやさしく潤すヘザー(ヒース)の蜂蜜。
蜂蜜は+レモンで、お湯で割り蜂蜜レモンにします。
何よりも気持ちが和む♪。

by inner-vision916 | 2006-04-30 20:26

音楽パワー♪

この前の金曜日、久しぶりに芦屋LeftAloneでのジャズライウ゛に行った。広東料理も美味しい老舗ライヴハウス、心のあったかいスタッフ達が迎えてくれる大好きな空間である。
私にとってジャズに触れることは、創造の源であると同時に、心が解放される場所の一つである。
だから、絵本のブログとはいえ、音楽も大切な要素なのであります。

さて今回は、金谷こうすけグループに湘南からオクターウ゛奏法で有名なギタリスト:杉本篤彦さんを迎えてのジャズライウ゛でした。
G/杉本篤彦
Pf/金谷こうすけ
B/鷲見和広
Ds/松田“GORI”広士
+飛び入りTp/三村勝則

音楽は人間性の見える窓、サンバ風だったり、ソウルフルだったり、湘南の風が吹いてきたり、ジャズの枠におさまりきらないSpiritの高さを感じました。
杉本さんのオリジナル曲も織り交ぜられ、Once in a blue moonでは、杉本節のグルーウ゛感が駆け走り、熱く皆で盛り上がりました。
Deep Riverでは、南部のWork Songを思わせる人間の底ぢからと魂を感じ、大地を掘り起こし耕すような強さを感じました。

心に真っ赤な太陽光が射しこみ、sea breazeが心地よく頬をなでた夜でした。

ああ、音楽って素晴らしい!

by inner-vision916 | 2006-04-27 09:52 | Art&Music

缶詰。

缶詰が流行りつつあるらしい。
昔は、保存食のイメージが強かったけど、今は食卓にもう一品という発想で、若い世代には逆に目新しいらしい。

鯖煮とかカニ缶、鮭の中骨、大豆の五目煮は定番。
和風だけでなく、鰯のトマトソース煮とか、ピリカラ蛸煮、あさりのホワイトソース煮などなど、洋風や中華、エスニックじたても出てきている。

興味深かったのは、鹿児島のある高校での活動。
実際に学校内で、社会勉強の一つとして高校生達が地元の名物でもある“豚みそ”を生産しているという。先生いわく、缶詰づくりはそのしくみを学ぶのにちょうどいいという。
「自分達の作ったものが町で売られていて喜んでもらえるのは、とても嬉しいです!」と言った生徒の顔は輝いていた。

by inner-vision916 | 2006-04-17 16:26

夙川ジャズ・フェスティバル

さくら祭りに合わせて、夙川グリーンタウンでジャズ・フェスティバルが開催された。一日目はアマチュアの皆さん、二日目はプロのインスト演奏、沸き上がる熱気と共に心にもさくらが舞った。

二日目の面々:
Pf/金谷こうすけ
B/中嶋明彦
Ds/岡野正典
Ts/荒崎英一郎
Tb/米坂晴夫

追憶、りんご追分、見上げてごらん、などそれぞれの心の記憶に呼び掛ける懐かしい曲。
バドパウエルののりのいいBeBopや、キースジャレットとはまた違う味わいのI Loves You Porgy.のバラード調、見晴らしのいい空を思わせるSunny.。
震災組曲から、21回目の始まりやレクイエム、日々の積み重ねの心の風景を描きだすダイアリー、自由に聞くままに感じるuntitled.などのオリジナル曲。
アーティスト達の音を慈しむ真摯な心と優しさが、まっすぐにハートに飛び込んできたいい音楽でした。
そして、ジャズを通して街にエネルギーを、文化を分かち合いたい!という主催者側の情熱が伝わった二日間でした。
この音楽のうねりが、どう人々の生活に浸透してくるか、これからのムーウ゛メントに、ますます期待大です。

by inner-vision916 | 2006-04-03 22:36 | Art&Music