人気ブログランキング |

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

絵本「Body-Force5 きみのなかのヒーローへ」の中身が見られます!

絵本「Body-Force5 きみのなかのヒーローへ」の中身が、アマゾンで ちょっとだけ 見られます♪。
よろしければ、覗いてみて下さいね。  

日本語&英語のバイリンガル絵本、”内なる力を信じて!”という想いをタイトルにこめました。
ピアニスト金谷こうすけ氏の音楽&読み聞かせコラボCDが付属でついています。
目と耳と心、五感で感じてほしい絵本です♪。


e0075252_11452792.jpg
e0075252_11454499.jpg


http://www.amazon.co.jp/Body-Force-5-%E3%81%95%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%A8-%E3%81%BF%E3%81%95/dp/4289016960/ref=sr_1_1/249-2753444-1910732?ie=UTF8&s=books&qid=1179316154&sr=1-1

by inner-vision916 | 2008-01-29 11:47 | 絵本と小説

新風舎問題その3~在庫の注文!

お蔭様で、ようやく在庫本の注文が出来ました!
「きゃあ~、本がなくなるう!?」って慌てて注文したのではなく、
保障を得た上で、納得して申し込んだなので 精神的なものが全然違います~。
調べて 待って 訴えて ねばって ねばって ねばってーーー良かったあ☆! 

私は、新風舎大阪支社から 連絡が来ていたのですが、
いざ メールで今朝 申し込みメールを送っても なかなか返事が来ません。
本当は 今朝 あちらから最終確認の電話がくるはずだったんですけどね。
たぶん、万が一本が届かなかった時の返金保障が取れたので、
在庫本の注文が殺到しているのかもしれません。
出先から帰っても まだ返事が来ず。
こゆ時は イライラ不安になるのが常なので そういう空気は吹き飛ばそう!と、
まずは お風呂に入って 体も心もぽかぽか♪~にあっためて、
う~ん、いい気持ちと 笑ってみました。

さあて・・やるぞ!
何度 大阪の方へ電話しても繋がらないので、彼氏のアドヴァイスどおり
東京の方もかけてみました。
どっちにしろ 話し中か かからない。
1時間半ぐらい頑張って・・・
眠気がおそってきました。
そうなんです。
私、クリニックでの治療の日は 昼寝をしないと(治療のない日も 昼寝しちゃうけど。笑。)
 治療の副作用である頭痛がおさまらなかったり、ふらふらしたりするんです。
ってことで、ちょっと寝ちゃう!?
なんて なまけたこと考えていたら、
携帯が鳴りました!

おお!
来ました!

大阪支社から 申し込み受付けの返信が来ました。
お詫びとお礼の気持ちのこもったメールでした。
彼女は、実は 絵本の契約をする時にお世話になった方なんです。
こうやって、一人ひとりに丁寧に 返信しているのだなあ と思いました。
残務整理で残っている社員達は、給料の保証もないのに こうやって、
頑張って 作家の大事な本を その手に少しでも返そうとしてくれているのです。
その善意には 素直に ありがとうございます と思えます。

ちなみに、100冊 注文しました。
インターネットから 振込みをして、振込み記録も保存して 完了!!!

あとは、まだかな♪ まだかな♪~
かわいい絵本たちが 帰ってくるのを待つだけです。
今度は 自分の手で 喜んでくれそうな人たちに ひとつ一つ届けようと思います。
荒波をくぐって 帰ってくるのですから、
よしよし~♪!ってしてあげたいくらいです。
↑情をこめすぎですね、私!?(笑。)

これを読んでくださっている皆様、
「1冊買うよ!」
とか、「委託で 何冊か預かってあげましょうか?」
なんて 奇特な方がいらっしゃったら 手を上げて下さいませね!
なにとぞ よろしくお願いします。

by inner-vision916 | 2008-01-28 18:56

新風舎問題 その2~進展

倉庫まで本を取りにいこう!と言ってくれた方々、
読んでくれた皆様、
コメントを残してくれた皆さま、
ありがとうございます!

今回 気づいたことがあります。
作家はみんな私もそうだけど”言葉の力”を信じているだなあ!って。
気持ちをこめて言葉をつづれば 何かを動かすんじゃないかって。
だから、作家やその周りの人々、多くの人が要望書を出したようです。
出来る方法で訴えよう! その気持ちが、すぐ行動に出せるって大事なことだなって改めて思いました。


弁護士の方から、新風舎のHPに 今日の分の新たな回答がありました。
”代金を振り込んだにもかかわらず 在庫本を配送出来なかった場合、
返金します。”
とありました。
新風舎の社員に訴えた要望が きちんと伝わっていたようです。
この保障がほしくて作家は、要望書に書いたり、社員にかけあったりしたのですが、結果が出て良かったです。


弁護士(管財人)が、HPに正式に述べた限りは、
信用できますよね!?

在庫本いくらか 購入しようかと考えています。(^^)

by inner-vision916 | 2008-01-26 21:33

新風舎問題と 要望を発信する意味

長文ですが、読んでもらえたら ありがたいです。m(_ _)m


1月18日、東京地裁は自費出版大手の新風舎が申請していた
民事再生手続きを廃止する決定をした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ショッキングなニュースでした。
新風舎の本作りは、協同出版というジャンルを開拓し、作家の卵達に夢を実現するチャンスを与える という意味では 画期的なものでした。
保守的というより 革命的、
いわば 何かしら光るものを持っているかもしれない原石を 世に出し、磨かれていくお手伝いをしてくれる出版社と信じていました。
・・・昨年までは。

実際に 私の担当をして下さっていた編集者たちには いい作品作りをと良くしてもらったので感謝しています。
でも、今は 営業をきちんとしていたのだろうか? とか、冊数を契約分印刷していたのだろうか? という部分でかなりの疑問と憤りを感じています。
結局 やりすぎたのだと思います、いろいろと反倫理的行為を。

一番気になったのは、”全国に書籍を流通します。”という契約です。
説明不足というか 善意に解釈すれば 自著はいつも書店においてもらえる! と取れなくもない約束ではあります。
本が出版された際と年数回のブックフェアで 新風舎の本を各地域書店に営業をかけ オーダーを取るというのは聞いていましたが、実際に、
どの程度 どういう内容で営業をしていたかどうかは 分かりません。
ただ、アマゾンなどのインターネット書籍では 常に流通していたのと、(まだ現段階では、今でも扱っています。)新風舎関連の本屋では 常に扱っていたので、そこだけで 納得していたおろかな部分があったのは 反省しています。

新風舎が再生法→破産になってからは、
肝心の新風舎からは 再生法の時点でのお詫びと自著の在庫書籍買取りを促す連絡しか来ておらず、不安と混乱の中で 新風舎HPとミクシイだけが 唯一の情報源でした。
すぐにミクシイの「新風舎問題」というコミュニテイーに入りました。
そこでは、自費出版・協同出版に詳しい業界の人や 編集者、作家たちe.t.c.が集まっていました。

率先してリーダーシップをとって下さった方々のおかげで、
私たち作家や それに賛同してくださる方々が 要望書を新風舎の管財人(弁護士)に 要望書を出すという 動きをはじめました。
何もしないで 泣いている暇はないと思いました。
こちらの要望を 弁護士に訴えることは MAN-POWERとなると信じようと思いました。
そして、新風舎の方からも 連絡が来ました。
電話で 要望を懸命に訴えました。
そういう声が力となって、
自著の在庫本買取りが当初40%を要望されていたのが、
20%に下がりました。
在庫本を管理している倉庫からの手続きの必要経費を含めて20%
は 本を回収するのに必要な経費らしく。

出版社からの流通が不可能になった今 契約不履行なわけだから、
本は 無償で返すのが筋だとは思うのです。
要望書に書いたように、せめて10%まで下げてくれるといいのですが。
でも、期限までに買い取らなければ 在庫本は破棄されてしまうのです。
作家は 自分の子供のように大事な本を、裁断されるのは 辛いです。
その心理をついて 本を売りつけられるいるような気がします。

問題は、在庫本買取りの支払いが、代引きでは困難で、
前払いを 弁護士(管財人)から要求されたことです。
この混乱の中で 本がきちんと届くかも分かりません。
「もし前払いをして 万が一 本が届かなかったら、
振り込んだ代金は 返金されるのでしょうか!?」
もちろん、買取りの連絡をしてきた 出版者の社員にも訴えました。
残っている社員は 財務処理で善意で手伝ってくれている方々とは
分かっていますが、直接に要望を訴えられる窓口がここだけなのです。
要望書にも書いた後払いが無理なら、
せめて 返金の保障をしてほしい! と管財人に伝えてもらえるように
お願いしました。

私の本の在庫は、なんと1月31日には契約がきれてしまう倉庫にあるそうです。
慌てました。
状況が 刻一刻と変わっていく中で、
冷静かつ迅速な判断をしなければいけないからです。
在庫本は 確実に買った分は返ってくるという保障が得られるならば、
ぎりぎりでも申し込みたい! と思っています。
でも、もし 納得し安心できる保障を 弁護士(管財人)からもらえなかった場合、信用は出来ません。
お金だけ振り込んで本がこない なんて詐欺にはあいたくないからです。
この場に及んで、作家からお金を騙し取ろう としているとは思いたくありません。
信じたいのです 人の良心を!!! 

だから、もし 信用が出来ないと思ったら、在庫本はあきらめるつもりです。
悔しいけど・・・。
帰ってくるか分からない本に お金を払って、むしりとられるつもりはありません。
情に流されてお金を出したりはしません。
自分の本は 大事ですよ、とっても!
本が 機械にぺっしゃんとスクラップされてしまう映像も浮かばないかといえば 嘘になります。
それぐらい プレッッシャーは感じています。
だからといって、慌てたり 動転してはいけないんですよね、
こんな時だからこそ!

彼氏から こんなことを言われました。
「メリッサ、3作品目のことを考えてごらん。君は 創作のことを考えていたらいい。
メリッサの本の原画もDTPもあるのだから、作品の魂は ちゃんとここにあるんだよ。 
作品が奪われたわけでも 失われたわけでもないやん?!
また作れるだろ!?
在庫は 残念なことになるかもしれないけど、コピーに過ぎないんだ。ある意味 潔くあきらめられたら 見えてくるものもあるよ。」
そう、あまりにも 在庫本に執着している私に そしてその結果、
感情的になっている私に、教えてくれたのです。
買うな!とは言っていないのです。でも、冷静に判断しないとな ってことを彼は 私に言ってくれているのです。
”物事は 大事だ大事だ大事だと あまりにも顔を近づけて見ると、
その全体像を 見失ってしまうよ”と。
はっとしました。
恋愛なら 執着心も独占欲もあまり強くないし、
自分から 操縦するところもあるのにね?!(笑。)
って思いました。
こういう時に、感情的になってしまうのは よくないですね。
論理的、かつ理性的に物事をとらえねば と思いました。
Y、どうもありがとう。
そして、長文を最後まで読んでくださったあなた、
どうもありがとうございました!m(_ _)m

by inner-vision916 | 2008-01-26 21:08

薬師寺で写経

1月3日に 彼氏と薬師寺に参詣してきました。
彼は 毎年元旦は薬師寺へお詣りしているそうですが、昨年は 私の健康祈願をしてくれ 「一緒に頑張ろうな!」とお揃いで 菩提樹のブレスレットをプレゼントしてくれた思い出の場所です。お礼と感謝の気持ちもこめて 南門をくぐりました。
薬師寺は 由緒正しき 伝統のあるお寺、明るいテラコッタブラウンを背景に 弥勒菩薩らの眼差しが 凛としつつも 穏やかな光を感じさせます。
毎年 写経をあげているという彼の勧めで 初めて写経をしました。
丁子で 体内を清め、香象をまたぎ 外側の身体を清め 墨をすって 般若心経を書きました。

かたよらず
こだわらず
とらわれず
ひろく ひろく ひろく
般若心経の空の心
を感じて 心の奥でかみしめました。
とても厳かで sereneで 良い時間を彼と共に過ごすことが出来ました。

by inner-vision916 | 2008-01-09 09:00

My resolution. 2008 新年に寄せて

e0075252_12293973.jpg明けましておめでとうございます! 新年のお慶びを申し上げます。

新年の 清らかで澄んだ空気が好きです。
心に強く思う願いも この穏やかな風に運ばれて 
いつの日か 実を結ぶであろうと 胸の奥に感じることができる。
このプラスの波動を全身で感じて 
また一歩一歩 生きることを積み重ねていこう。
日々の幸せを感じ 感謝と共に 明るい方を向いて 進もう!    
新たな年の幕開けは 誰の頭上にも 約束の光を照らしてくれる。

I love the atomosphere of the New Year, genuine and pure it is.
The wish I dearly believe would be brought forward by the wind,
which would someday be tied as one...I could feel it deep in my bosom.
Shall I feel this positive inner-wave throughout my body
and one by one I will pile up my life of "seize the day" .
It is grateful that I could feel the everyday-life-happiness
and with gratitude I will roll on looking at the bright side!
The opening of the New Year brings every one of us
the promising light from above.
 
e0075252_1229577.jpg
e0075252_12301596.jpg

by inner-vision916 | 2008-01-01 12:30 | 哲学