人気ブログランキング |

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平井堅さんのDesperado

Eaglesの歌で有名なDesperado 平井 堅さんが、テレビで歌っていました。いやあ~、背中が語ってきそうな切ない雰囲気が良かったです!

Desperado
作詞 Don Henley / Glenn Frey
作曲 Don Henley / Glenn Frey

Desperado, why don't you come to your senses?
You been out ridin' fences for so long now
Oh, you're a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin' you
Can hurt you somehow
無法者 いいかげんに 目を覚ましたらどうなんだ
お前が乗馬柵の向こうに 消えていってから
お前は変わってしまった
お前にはきっと理由があったんだろう お前をそうさせてしまうような
それでお前は 傷ついてしまうかもしれないというのに

Don't you draw the queen of diamonds, boy
She'll beat you if she's able
You know the queen of hearts is always your best bet
ダイヤのクイーンを引くだなんて
場合によっては君は負けちゃうんだよ
ハートのクイーンが一番いい手なのを知っているくせに(直訳)

格好良い自分にふさわしい 素敵な女性はいなかったのか
もしいたとしても お前のことなんか 本当は追い出したいと思っているのさ
お前には せいぜい性悪女しか ついてきやしないだろ(意訳)

Now it seems to me, some fine things
Have been laid upon your table
But you only want the ones that you can't get
ボクにはいいカードと思うのが
テーブルに並んでいるのに
君は手に入らないようなのしか狙わないんだね(直訳)

素晴らしいものだったら お前のすぐ身近にあるはずなのに
お前は 決して手に入らないものを ただ求めている(意訳)

Desperado, oh, you ain't gettin' no younger
Your pain and your hunger, they're drivin' you home
And freedom, oh freedom well, that's just some people talkin'
You're prisoner walking through this world all alone

無法者 お前だって もう若くはないじゃないか
痛みと空腹に耐えかねて お前は戻ってきたんだ
そして自由は 自由なんてものは
誰かが言っていた通り
たった独りで 彷徨うことこそ
牢獄なんじゃないのか

Don't your feet get cold in the winter time?
The sky won't snow and the sun won't shine
It's hard to tell the night time from the day
You're losin' all your highs and lows
Ain't it funny how the feeling goes away?

冬になると 足が冷えてしまったんじゃないのか?
空から雪もふってこないし 太陽の光は射さないし
夜になった時のことは 口にも出したくないんじゃないのか
素晴らしいことも 嫌なことも 失ってしまって
感情がなくなってしまうなんて まるでおかしいことじゃないか

Desperado, why don't you come to your senses?
Come down from your fences, open the gate
It may be rainin', but there's a rainbow above you
You better let somebody love you, before it's too late

無法者 いいかげんに 目を覚ましたらどうなんだ
意地を張るのはやめて こっちに戻ってこいよ
雨が降っているかもしれないが 空には虹がかかるだろう
誰かに愛されるようになったほうがいい まだ遅すぎはしないから

*come to your senses : come down from your fences
a rainbow above you : let somebody love you
などなど韻を踏む詩が 美しいです♪。 

by inner-vision916 | 2009-05-29 21:03 | Art&Music

絵を描く時のエナジー

絵を描く時はモティベーション、もしくは沸々とテンションが上がって初めて"やる気"が出る私です。無理矢理にでも気合いを入れていかないと、持病による倦怠感で怠ける自分が簡単に支配してしまうから。
あ、デートの時は別。
ギアアップ自然と出来てるんですよね~もう大好きなひとに会えると思うだけで 桃色モード入って元気になれちゃう。(笑)

今回の動機は、ある尊敬するアーティストが 新たなお店を開いてしかもグランドピアノをお持ちになったということで お祝いに絵を贈りたい!というもの。
ピアノを抽象的なカタチと色で表現したいというベースとなるものはあったのですが、ずっとここ1ヶ月ほどイメージを心の中で膨らませていました。
で、昨日はなんだかあることでじ~んと胸が熱くなった勢いで <描きたい!>という心地よい衝動に身をまかせました。

そのアーティストK.Kが演奏しているライブCDをかけながらスケッチブックを床に。私 大地に近いところで描くの好きなんですよね 自分の中に在るマグマを感じやすいのです。
画材は お気に入りのアクリル絵の具とパステル。
感情を出来るだけまっすぐぶつけたいので 筆は使わずにチューブから直描き、たまに指に水を含ませて透明感や滲みを。

ふとした瞬間 そうそれは「邂逅」という曲が流れていた時…なんだか強烈な感情が怒涛のようにこみあげてきて、分けもわからず涙がほとばしり出て ぐしょぐしょに泣きながら無心に描きました。
力がかなり入っていたのだろう 握った黒いパステルがバキリと折れて半分吹っ飛びました。どこにいったのか ベッドの下に手を伸ばしても見つかりませんでした。

このところ 腎機能が ぎりぎりのところでふんばっていて 水分をほしいだけ摂取すると酷い頭痛に襲われます…残念だし すごく悔しいけど、多分自力で処理する限界が迫ってきているのだと。
心胸比は許容範囲にあるけれど、血圧が抗圧剤を飲んでいてもこのところ高いし、少しでも心臓に負荷がかからないように水分制限を私にしては厳しくしている。
減塩や他の食事制限は知恵や工夫で平気になったけれど 水分だけはどうにもこうにも、、水飲みの私にとっては辛い…。
でも透析で徐水をすることは 出来る限り先に延ばしたい!という葛藤 。
普段は抑制しているそんな悔しい気持ちがドクドクに噴火していくような。

でも、カラカラになりながら ひたすら色を重ねていくにつれて(ちなみに 混濁した色じゃないよ―洗い流してくれる綺麗な色だよ) 心がどんどん満ちてきて潤ってくるのを感じて。
なんだかジリジリする灼熱のような感覚でもあるのだけど それが求心力を呼び 熱くこみあげる何かに動かされる感じ。


そしてもう一枚は 自分のために。優しく包まれるような心が開放される感覚。
描けば描くほど 自由に羽ばたいてゆくのを感じて とてつもない充足感を久しぶりに覚えることが出来て 嬉しかったのです。 描きおえた後の緑茶が美味しかったあ!
感謝。

by inner-vision916 | 2009-05-08 10:01